本文へ移動

「百草丸」主原料のキハダを植樹 日野製薬、木祖のスキー場に

2021年5月12日 05時00分 (5月12日 16時26分更新)
キハダの苗木を植樹する参加者たち=木祖村のやぶはら高原スキー場で

キハダの苗木を植樹する参加者たち=木祖村のやぶはら高原スキー場で

 日野製薬は八日、地元の木祖村にあるやぶはら高原スキー場で、胃腸薬「百草丸」の主原料となるキハダの苗木九百本を植樹した。国産原料が減少する中、木曽地域でキハダを育てて将来の薬作りに生かし、栽培方法や地元の自然を学ぶ場としても活用していく。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧