本文へ移動

PFU社員が児童にプログラミング指導 かほくで教室始まる

2021年5月12日 05時00分 (5月12日 10時34分更新)
キーボード練習ゲームをする子どもたち=かほく市森で

キーボード練習ゲームをする子どもたち=かほく市森で


 プログラミング教育を推進するため、かほく市が地元のコンピューター関連企業のPFUなどと組織する協議会が主催する基礎教室が、市内のスポーツクラブで始まった。
 子ども用のパソコンを使うコースでは市内の小学生六人がキーボード練習ゲームをした後、発光ダイオード(LED)を点滅させるプログラミング作りをした。三回で基礎を学ぶ。密集を防ぐために年間を四期に分けて参加者を募集する。
 ロボットプログラミングを学ぶコースも始まった。いずれのコースもPFUの社員が講師を務めた。 (島崎勝弘)

関連キーワード

PR情報