本文へ移動

安城特産のチンゲンサイをキムチに 農家とスーパーが開発

2021年5月12日 05時00分 (5月12日 12時38分更新)
キムチに使うチンゲンサイを確認する山口さん(左)と大橋さん=安城市東端町で

キムチに使うチンゲンサイを確認する山口さん(左)と大橋さん=安城市東端町で

  • キムチに使うチンゲンサイを確認する山口さん(左)と大橋さん=安城市東端町で
  • 新商品のチンゲンサイキムチ(左)と、材料のチンゲンサイ、冷凍イチジク=安城市東端町で
 安城市のチンゲンサイ農家「大橋農園」(東端町)と、弁当の宅配も手掛ける老舗スーパー「八百芳(やおよし)商店」(和泉町)が十日、市特産のイチジクを使ったチンゲンサイキムチを発売した。協力して取り組む加工食品開発の第一弾。イチジクのプチプチした食感もあり「新たな味を楽しんでもらえる」と薦める。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報