本文へ移動

スギ側から「市も努力を」 ワクチン便宜、西尾市は圧力と認識

2021年5月12日 05時00分 (5月12日 05時01分更新)
 スギ薬局を展開するスギホールディングス(HD、愛知県大府市)の創業者で、愛知県西尾市在住の杉浦広一会長(70)と妻の昭子相談役(67)が優先的に新型コロナウイルスのワクチン接種をできるよう西尾市が便宜を図った問題で、スギHDの秘書が、これまでの市政への貢献を理由に「市も努力できないのか」などと執拗(しつよう)に優遇措置を求めていたことが分かった。市が十一日の記者会見で明らかにした。
 西尾市の簗瀬貴央健康福祉部長によると、秘書は四月十二〜十五日に市健康課や部長に電話してきた際、市とスギ薬局が二〇一七年に結んだまちづくりの包括連携協定や、昭子相談役が市シティプロモーション特命大使に就任していることなどを持ち出して便宜を要求。その回数は「十回くらい」に及んだ。
 西尾市はスギ薬局の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報