本文へ移動

まるで2人同時ダイブ! 珍しい形で正代ギリギリ勝利にホッ【大相撲夏場所】

2021年5月11日 19時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
正代(奥)が突き落としで大栄翔を下す=両国国技館

正代(奥)が突き落としで大栄翔を下す=両国国技館

◇11日 大相撲夏場所3日目(両国国技館)
 土俵からまるで2人同時にダイブ。そんな珍しい形だったが、かど番の東大関正代(29)=時津風=がなんとか白星を拾った。合口の悪い大栄翔に土俵際まで持っていかれたが、土壇場で執念の突き落とし。正代は大栄翔が土俵外へ飛び出すのを見詰めながら、わずかに遅く飛び出した。
 物言いが付いたが軍配変わらず、「自分でもどうだったかなと。あまり自信なかったです」と、ホッと胸をなで下ろした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ