本文へ移動

【DeNA】オースティンが巨人先発・戸郷から左翼席中段へ推定120メートルの6号同点弾

2021年5月11日 18時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏、同点ソロを放ち、三塁を回るDeNAのオースティン

1回裏、同点ソロを放ち、三塁を回るDeNAのオースティン

 ◇11日 DeNA―巨人(横浜)
 1点を追う1回2死からDeNAの3番打者、オースティンが一振りで試合を振り出しに戻した。巨人の先発・戸郷の初球を左越えに6号同点ソロ。大きな弧を描いた打球は左翼席中段に突き刺さった。
 「打ったのはストレートです。いいスイングができました。少し打球が上がりすぎたかなと思いましたが、スタンドに入ってくれてよかったです」
 オースティンは3試合ぶりの本塁打。これで5試合連続安打と調子を上げてきた。球団の発表によると、推定飛距離は120メートル。打球速度は162キロに達した。
 今季巨人と6試合を戦い、4敗2分けとまだ勝ちがないDeNA。昨季は12勝12敗と健闘しており、何とか巨人戦初白星を挙げたいところ。ベンチで迎えた三浦監督もグータッチで喜んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ