立憲民主党の”風俗通い議員”が除籍処分 枝野代表が謝罪と批判「議員辞職に値する無責任な行動」

2020年4月15日 21時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立憲民主党の枝野幸男代表

立憲民主党の枝野幸男代表

  • 立憲民主党の枝野幸男代表
 立憲民主党の枝野幸男代表が15日、ツイッターを更新。同党の高井崇志衆院議員が緊急事態宣言の最中、歌舞伎町の風俗店に行ったことが報じられたことに対し謝罪し、高井議員から離党届が出されたものの受理せず除籍処分とする方針を発表した。
 高井衆院議員は安倍晋三首相が緊急事態宣言をした2日後の4月9日に新宿歌舞伎町の風俗店へ行ったことを「デイリー新潮」に報じられた。

 枝野代表は神妙な面持ちで動画メッセージに登場。「きょうは皆さんにお詫び申し上げます。高井崇志議員が緊急事態宣言が出されている中で、国会議員としてあるまじき行動をとっていたことが明らかになりました」と謝罪。「わたくしも大変情けなく、そして、皆さんに申し訳ない思いでいっぱいであります」と嘆いた。
 枝野代表は続けて高井議員の行動を「国会議員としての自覚を欠き、議員辞職に値する無責任な行動だった」と批判。また本人からは反省の弁とともに離党届が提出されたが、枝野代表は「事柄の重大性にかんがみ、離党を認めるのでなく、規約上最も重い処分、除籍処分、いわゆる除名処分にすることといたしました」と説明した。
 最後には「このような事態を二度と招かないよう、党内に対して議員としての自覚を持った行動を貫くよう、さらに徹底して指導してまいります」とあらためて党内の引き締めを誓った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ