本文へ移動

【岐阜】瑞浪市で集団接種始まる 85歳以上40人にワクチン接種 

2021年5月11日 05時00分 (5月11日 12時01分更新)
医師(右)から接種を受ける85歳以上の市民=瑞浪市明世町の市民体育館で

医師(右)から接種を受ける85歳以上の市民=瑞浪市明世町の市民体育館で

 瑞浪市は十日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を、明世町の市民体育館で始めた。
 市は、六十五歳以上を六つの年代グループに分け、年齢の高い順に接種券の発送や予約を受け付けている。この日は、八十五歳以上の対象者約二千五百人のうち四十人が接種した。
 市民体育館には二ブースを設け、医師、看護師、助手の三人一組で接種に当たった。来場者に体調などの最終確認を行い、手早く接種していった。接種後に体調不良を訴えた人はいなかったという。
 接種を受けた女性(94)は「心配していたが、それほど痛くもなかったし体調も問題ない。無事に打ててとにかくありがたい」とほっとした表情を浮かべた。市の接種対策室の担当者は「予約時間よりも大幅に早く来た方への対応など、初日から課題も見えた。スムーズな接種に向けて改善を図る」とした。 (真子弘之助)
PR情報

岐阜の新着

記事一覧