本文へ移動

<お届けします> 長谷部新聞店(小牧市)

2021年5月11日 05時00分 (5月11日 11時40分更新)
誉高の甲子園出場を記念した号外を持つ高馬さん(左)と楯夫さん=小牧市本庄で

誉高の甲子園出場を記念した号外を持つ高馬さん(左)と楯夫さん=小牧市本庄で

  • 誉高の甲子園出場を記念した号外を持つ高馬さん(左)と楯夫さん=小牧市本庄で
 一級河川、大山川が流れる小牧市本庄にある長谷部新聞店。店主の長谷部楯夫さん(78)と長男の高馬さん(47)が、親子二人で切り盛りしている。
 配達エリアは小牧市本庄と小松寺、文津。決して広くはない範囲だが、本庄小学校や誉高校があり、住宅が密集している。「子どもたちがたくさんいて、明るい地域」と高馬さん。朝刊と夕刊の配達の際には、自治会の子ども見守りパトロールの一環として、オレンジ色のベストを着て町の治安に目を光らせている。
 誉高校野球部が二〇一九年に初めて甲子園出場を果たした時には、地元は大盛り上がり。楯夫さんは「地元出身の選手もいて、球場に応援しに行く人も多かった」と振り返る。販売店が出資している「小牧豊山くらしのニュース」では当時、号外を作って選手たちの奮闘をたたえた。
 おすすめスポットは、尾張広域緑道フレッシュパーク。変わった自転車や展望塔、トレーニング室などがある施設で、子どもから大人まで楽しめる。(問)長谷部新聞店=小牧市本庄四〇一の一、0568(79)3964 (水谷元海)

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧