本文へ移動

森下龍矢、攻撃で存在感 J1名古屋のサイドバック、見せ場次々 

2021年5月11日 05時00分 (5月11日 05時01分更新)
C大阪戦で果敢な攻め上がりをみせた名古屋・森下(左)=豊田スタジアムで

C大阪戦で果敢な攻め上がりをみせた名古屋・森下(左)=豊田スタジアムで

 J1名古屋に今季加入したサイドバック(SB)森下龍矢(24)が、持ち味の攻撃力で存在感を増している。途中出場した川崎戦で見せ場をつくり、前節のC大阪戦(8日)で今季初先発。10日のオンライン会見では「先発の初陣で勝てて素直にうれしい」と語り、さらなる成長を誓った。(小坂亮太)
 「いこう、いこう、いこう」。0−3で後半の飲水タイムを迎えた4日の川崎戦、静まるピッチに森下の大きな声が響いた。強敵を相手に勢いよく右サイドを駆け上がってパスを受け、深い位置からのクロスで稲垣の得点をアシスト。鮮烈な活躍で次戦での初先発をつかみ取り、C大阪戦でも積極的な攻撃参加をみせた。
 語る言葉もはつらつとしている。後半途中から初出場した4月18日の鳥栖戦は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報