本文へ移動

炎鵬が右腕負傷か 宇良戦でがっちり『きめられ』苦悶の表情【大相撲】

2021年5月10日 17時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇良にきめ出しで敗れ、腕を押さえる炎鵬

宇良にきめ出しで敗れ、腕を押さえる炎鵬

◇10日 大相撲夏場所2日目(両国国技館)
 大相撲夏場所2日目の10日、東十両筆頭の炎鵬=宮城野部屋=は西十両2枚目の宇良=木瀬部屋=と対戦。右ひじあたりを痛めた様子だ。
 もろ差しになった炎鵬を宇良ががっちりかため、左の小手投げをうつ形で攻め、土俵の外へきめだした。炎鵬は、右腕を抱えて苦しい表情を浮かべた。
 炎鵬は2連敗。取り組み後、リモート取材に応じることはなかった。3日目以降の出場が心配される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ