本文へ移動

大谷翔平がピンク・スパイクでさらに加速 連日の「エリート級」韋駄天ぶりで安打もぎとる

2021年5月10日 12時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドジャース戦の1回、遊撃方向に打球を放ったエンゼルス大谷は俊足を飛ばして内野安打とする(AP)

ドジャース戦の1回、遊撃方向に打球を放ったエンゼルス大谷は俊足を飛ばして内野安打とする(AP)

◇9日(日本時間10日)エンゼルス2―1ドジャース(アナハイム)
 母の日に特注したピンク色のスパイクが、背中を押してくれたのだろうか。エンゼルスの大谷翔平選手(26)は9日、ドジャースとの交流戦に「2番・指名打者」で先発。内野安打を放った際、連日の「エリート級」の俊足を見せた。3打数1安打、1得点、1四球。エンゼルスは昨季のワールドシリーズ王者ドジャースとの3連戦を2勝1敗と勝ち越した。
 1回の第1打席。内角低めの87マイル(約140キロ)のカットボールに対してハーフスイングした打球は、緩い遊撃方向へのゴロ。際どいタイミングかと思われたが、実際は明らかにセーフの内野安打となり、中継局BSウエストのグビザ解説者は「打席から走り出すときにつまずいたのに、まさに『エリート級』のスピードだ」と感嘆した。
 同局によれば、このときのスプリントスピードは秒速30・3フィート(時速33・2キロ)。メジャー平均の同27フィート(同29・6キロ)を大きく上回り、“エリート級”と称される同30フィート(同32・9キロ)も超えた。大谷は8日の同カードでも、間一髪アウトだった内野ゴロで同30フィートを記録した。
 大リーグ公式データシステムのスタットキャストによれば、今季の大谷のスプリントスピード平均は毎秒29フィート(同31・8キロ)で、これはメジャー359選手中21位(上位5・8%)に位置している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ