本文へ移動

東濃の病院統合問題を考える 瑞浪で講演会

2021年5月10日 05時00分 (5月10日 11時09分更新)
地域医療について講演する大内事務局長=瑞浪市樽上町の市民福祉センターで

地域医療について講演する大内事務局長=瑞浪市樽上町の市民福祉センターで

 土岐市立総合病院と東濃厚生病院(瑞浪市)の統合を巡って地域医療を考える講演会が九日、瑞浪市樽上町の市民福祉センターで開かれた。
 恵那市社会保障推進協議会の大内昌宏事務局長が講師を務めた。国が二〇一九年九月に再編・統合の議論が必要な施設として、全国の四百二十四病院を公表した問題に触れ、「計画を具体化する期限はコロナ禍で延期にはなったが、撤回されたわけではない。水面下で着々と推進されている」と指摘した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧