本文へ移動

大阪桐蔭はコールドで準決勝進出 阪神・矢野監督の母校・桜宮は公立で唯一のベスト4【春季大阪大会】

2021年5月10日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪桐蔭のユニホーム

大阪桐蔭のユニホーム

◇9日 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選・準々決勝
 今春センバツ(第93回選抜高校野球大会)に出場した大阪桐蔭は大商大高に9―0の7回コールドで勝ち、準決勝進出を決めた。
 また、阪神・矢野燿大監督の母校・桜宮は興国に5―4で勝ち、公立で唯一ベスト4に残った。近大付は2―1で大阪との接戦を制し、関大北陽は7―3で大塚を下した。
 準決勝は15日(土)に予定され、大阪桐蔭は関大北陽と、桜宮は近大付とそれぞれ対戦する。春季近畿地区大会出場を懸けた決勝は16日(日)に行われる予定。
 今大会は無観客で開催されている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ