本文へ移動

かど番正代、白星発進「初日に勝つ、負けるでは気持ちの持ちようがだいぶ違うんで」【大相撲】

2021年5月9日 21時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
正代(右)が突き落としで北勝富士を下す

正代(右)が突き落としで北勝富士を下す

◇9日 大相撲夏場所初日(両国国技館)
 かど番大関の正代(29)が白星スタート。北勝富士(28)に押されることなく勝負を決め、「今日みたいな出足、圧力をかけられれば。初日に勝つ、負けるでは気持ちの持ちようがだいぶ違うんで」と楽になった。無観客は「(国技館は)地方に比べて大きいと思うので、音の響き方とか(大阪と)違うので違和感というか気になるところはある」というが、この日は「立ち合いに集中できた」と影響はなかったようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ