本文へ移動

巨人痛すぎる…エース菅野に続き、打の主力・坂本も負傷、右手親指末節骨の骨折、帰塁でベースに接触か

2021年5月10日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
けん制で帰塁する一走坂本

けん制で帰塁する一走坂本

◇9日 巨人7-5ヤクルト(9回サヨナラ、東京ドーム)
 巨人・坂本勇人内野手(32)が9日、ヤクルト戦(東京ドーム)で右手親指を負傷し、途中交代。病院で検査を受け、右手母指(親指)末節骨の骨折と診断された。末節骨は指の先端部分。
 四球で出塁した5回に捕手から一塁へのけん制に、ヘッドスライディングで帰塁してベースと接触した際に負傷したもよう。しばらくは突っ伏したまま苦悶(くもん)の表情を浮かべた。そのまま走者でプレーしたが、6回から交代した。
 全治は不明だが、骨折しただけに一定期間の離脱は避けられない。巨人は菅野智之投手(31)が右肘の違和感で8日に抹消されたのに続き、打の主力も負傷。2人とも間近に迫った東京五輪日本代表で不可欠な存在でもある。症状が心配される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ