本文へ移動

新たに11人感染 高志高生3人感染

2021年5月9日 05時00分 (5月9日 17時06分更新)
 県は八日、新たに福井、勝山、敦賀の三市の十歳未満から四十代の男女など十一人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の新規感染者の確認は四十二日連続で、累計は九百四十五人となった。
 十一人のうち三人は高志高校(福井市)の生徒。同校は教員の行き来がある高志中学校(同)と合わせて生徒、教職員計千二人の検査を行い、中高とも十、十一日の二日間を臨時休校とする。
 この三人は七日に感染が発表された高志中の教員の授業を受けていた。高校の他の生徒や中学の教員計百十三人の検査の中で陽性が判明した。
 勝山市の十歳未満の女児は成器西小学校の児童。七日に発表された同市の四十代女性の濃厚接触者で、二人とも一日、約十人の会食に参加していた。この会食に同席していた同市の二十代男性会社員の感染も分かった。同校は九日、児童と接触のあった子どもや教職員計七十六人を検査をする。結果次第では十日の学年閉鎖や臨時休校を検討するという。
 四月下旬にクラスター(感染者集団)が発生した敦賀市中郷小学校の関連では、新たに児童一人と、既に陽性が判明した別の児童の家族二人の感染を確認。同校の感染者は児童と教職員、その家族らを含め計四...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報