本文へ移動

大谷翔平、カーショーとの再戦は2打数無安打 ストライクゾーン別の打率に差、最強左腕が注目したか

2021年5月9日 12時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、三ゴロに倒れたエンゼルス・大谷(AP)

1回、三ゴロに倒れたエンゼルス・大谷(AP)

◇8日(日本時間9日)エンゼルス―ドジャース(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)はドジャースとの交流戦に「2番・指名打者」で先発出場。相手先発でサイ・ヤング賞3度の“現役最強左腕”クレイトン・カーショー(33)には2打席とも抑えられ、通算でも5打数無安打となった。
 カーショーの攻めは外角一辺倒。第1打席は見逃せばボールとなる外角87マイル(約140キロ)のスライダーに体を泳がされ、三ゴロ。第2打席も外角91マイル(約146キロ)直球に振り遅れ、空振り三振だった。
 6回の第3打席も2番手右腕サンタナの攻めは外角のみだったが、見逃せばボールの外角チェンジアップを一、二塁間に運び、これで3試合連続安打。試合は6回終了時点でエンゼルスが4―13と劣勢を強いられている。
 中継局BSソーカルは、大谷のストライクゾーン別の打率を紹介。高い順に内角(4割2分1厘)、真ん中高め(3割3分3厘)、外角(3割1分6厘)とまんべんなく打っているため、同局のグビザ解説者は「だからこそ翔平は左翼、右翼、中堅と全方向に打ち分けられている」と評した。
 ただし、外角高めは2割5分、外角低めは2割4分と低く、カーショーがここに注目した可能性はある。もうひとつ興味深いのは、ど真ん中の打率が2割5分で、試合前の今季打率2割7分8厘より低くなっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ