本文へ移動

レンジャーズ有原航平、4回途中5失点降板 勝敗はつかず 直近3試合防御率は17点台に

2021年5月9日 11時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マリナーズ戦に先発したレンジャーズ・有原(AP)

マリナーズ戦に先発したレンジャーズ・有原(AP)

◇8日(日本時間9日)MLB レンジャーズ―マリナーズ(アーリントン)
 レンジャーズの有原航平投手(28)が先発し、4回途中5失点で勝敗はつかなかった。
 立ち上がりの1回に先頭から連打と四球を許して無死満塁とされると、次打者の二ゴロの間に先制を許した。さらに1死二、三塁でクロフォードの打球は一塁へのゴロ。ホームに返球するも三走が生還して初回から2点を失った。
 2回には2ランを浴び、4回には先頭から2者連続で二塁打を浴びて5失点目。2死二塁から四球を許したところで降板し、3イニング3分の2を6安打、3四球、5失点だった。
 チームは6回に逆転し、黒星はつかなかったが、ここ3試合は防御率17・28、0勝2敗と乱調気味。今季の通算成績も防御率5・76、2勝3敗となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ