本文へ移動

【徳山ボート】地元エース白井英治が断然の主役 44号機にも上々の手応え

2021年5月8日 20時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白井英治

白井英治

◇8日 山口県・徳山ボート・G1「徳山クラウン争奪戦」前検
 山口県・徳山ボートの開設68周年記念G1「徳山クラウン争奪戦」は9日に開幕する。SGウイナーが多数出場し、ハイレベルな戦いが期待される6日間シリーズ。ダブルドリーム第1弾、初日12Rの「クラウンドリーム」は地元エースの白井英治(44)=山口=が断然の主役。44号機にも上々の手応えをつかみ、逃げて白星発進する。吉川元浩はセンターから強気な攻めで肉薄。前検一番時計は6秒89と文句なしの好タイムをマークした山口剛が評判の54号機パワーを見せつけた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ