本文へ移動

エンゼルス大谷 因縁の現役最強左腕カーショーと再び対戦へ

2021年5月8日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルスの大谷翔平(AP)

エンゼルスの大谷翔平(AP)

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は8日(日本時間9日)、地元アナハイムでドジャース戦に指名打者として出場予定。相手先発はサイ・ヤング賞3度、通算179勝の“現役最強左腕”クレイトン・カーショー(33)だ。
 2人には因縁がある。2017年12月、大谷は日本ハムから大リーグへ移籍する球団を模索する際、書類選考を経て7球団と直接面談。ドジャースはそのうちの1つだった。チームリーダーのカーショーはリクルーター役としてオフの合間を縫い、テキサス州の自宅から本拠地ロサンゼルスまで足を運び、説得を試みた。だが、結局は空振り。カーショーは面談の時点で大谷側が指名打者制を採用するア・リーグに既に心を定めていたとの印象を持ったようで「非常に無駄な時間だった」と憤りをあらわにしたと報じられた。
 唯一の直接対決は20年8月14日、同じアナハイムでの交流戦。この試合はカーショーが大谷を3打席とも内野ゴロに打ち取り、7イニング2安打1失点の好投で勝利投手になった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ