本文へ移動

【中日】与田監督 不振のガーバーに代打「もう結果です。そういう判断です」この日も3打数無安打

2021年5月8日 19時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏、ガーバー(中央右)に替えて代打福田(右)を送る与田監督(中央左)

7回裏、ガーバー(中央右)に替えて代打福田(右)を送る与田監督(中央左)

◇8日 広島4-3中日(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の与田剛監督が動いた。1点を追う7回2死三塁。新助っ人のガーバーの打順でベンチを飛び出し、球審に代打・福田を告げた。出場8試合目で打率1割5分6厘。左の中距離砲へ抱き続けた期待を、ついに断ち切った。
 「まあ、もう結果です。そういう判断をしたということです」
 我慢はする。ただ、勝負どころを託すかどうかは別問題だ。この日も初回2死で変化球にタイミングをずらされ、平凡な二飛。4回の先頭では低めのボール球に手を出し、6回の先頭ではど真ん中に浮いたフォークに当てることすらできず、ともに空振り三振だった。
 中日は終盤に競り負けて2連敗。広島にかわされて5位に転落し、借金5となった。試合後、ガーバーは言葉を振り絞った。「チームが勝てるような、いい打撃がしたい。そのつもりで明日(9日)また頑張ります」
 球団は昨オフ、度重なる下半身のコンディション不良を訴えるアルモンテと決別、パウエル打撃コーチの人脈でガーバーを獲得した。指揮官はパウエル2世の今後をどう考えるか。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ