大阪府・吉村知事のさらなる“休業要請無視”なら店舗名公表に大阪市長も同調「理解してもらいたい」

2020年4月21日 14時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪市の松井市長(左)と大阪府の吉村知事

大阪市の松井市長(左)と大阪府の吉村知事

  • 大阪市の松井市長(左)と大阪府の吉村知事
 大阪府の吉村洋文知事(44)が21日、自身のツイッターを更新。自らが前日夜に府内で休業要請に応じないパチンコ店や風俗店などの店舗の名前を公表すると発言したことについて補足した。

 「大阪府『休業要請応じない店舗』公表へ 営業続けるパチンコ店など通報640件超」とテレビニュースの動画を添付すると「→府民の相談センターを設置しているが最も相談が多いのがパチンコ店。事前に個別にお願いするが、どうしても応じて頂けない施設は、措置法に基づき施設名の『公表』と更なる要請をかける。」と記した。

 MBSニュースなどによると、大阪府には営業を続けるパチンコ店や風俗店などに関する通報が4月20日時点で640件以上寄せられており、今後は現地に府の職員を派遣して、それでも休業要請に応じない場合には店舗名を公表するという。吉村知事は前日「(公表を)今週中にはやりたいと思っています。今週末くらいじゃないですか」と話していた。大阪府では休業要請に応じれば中小企業は100万円、個人事業主には50万円の支援金を支払う予定となっている。

 その後、大阪市の松井一郎市長(56)もツイッターを更新し、同じニュース動画を添付し「事業者にすれば、非難される事も覚悟での営業継続なんでしょうね。しかし、その行為が更にコロナ危機を長期化させ自らの商売の経営危機に繋がる事を理解して貰いたい」と呼びかけた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ