本文へ移動

開智学校と防災教育の歴史 松本、休館前の国宝・旧校舎で企画展

2021年5月8日 05時00分 (5月8日 15時40分更新)
災害時の避難の仕方などを記した資料が並ぶ展示=松本市の旧開智学校校舎で

災害時の避難の仕方などを記した資料が並ぶ展示=松本市の旧開智学校校舎で

  • 災害時の避難の仕方などを記した資料が並ぶ展示=松本市の旧開智学校校舎で
  • 6月から耐震工事が始まる国宝旧開智学校校舎=松本市開智で
 松本市の国宝旧開智学校校舎で、開智学校と地震の歴史や防災教育などを紹介する企画展が開かれている。二〇一一年の東日本大震災から十年の節目を迎えたほか、開智学校が六月から耐震工事を進めるため、長期休館前の最後の企画展として開催している。三十一日まで。 (竹内なぎ)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧