本文へ移動

【愛知】第4波、豊橋でも猛威 ワクチン接種、一般は7月以降

2021年5月8日 05時00分 (5月8日 12時27分更新)
施設に入居する高齢者から優先的に進む新型コロナウイルスのワクチン接種=豊橋市大脇町の老人保健施設「尽誠苑」で

施設に入居する高齢者から優先的に進む新型コロナウイルスのワクチン接種=豊橋市大脇町の老人保健施設「尽誠苑」で

 県が十二日から緊急事態宣言の対象区域となる中、新型コロナウイルスの猛威は豊橋市にも及んでいる。「第四波」の四月三日以降の新規感染者は既に二百七十人を超え、若者が増えているほか、感染経路不明も目立つ。ワクチンの高齢者分は、ようやく六月末に確保できる見通しとなったが、一般市民への接種は早くても七月以降になるとみられる。 (昆野夏子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧