「オバケとオカマは滅多に死なない」“コロナっぽい“症状公表のミッツ・マングローブが心境つづる

2020年4月22日 13時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ

  • ミッツ・マングローブ
 発熱や味覚障害など『コロナっぽい』症状を公表したタレントのミッツ・マングローブ(45)が21日、自身のインスタグラムを更新。「オバケとオカマは滅多に死んだりしませんから。独り時間にも慣れっこだし」と気丈につづった。
 体調不良を訴えたミッツは21日、火曜レギュラーを務めるフジテレビ系「バイキング」の出演を欠席。発熱や「舌の味覚がなくなる」などの症状を公表し、肺炎の兆候もなく体温が37.5度に達していないことなどからPCR検査を受けられず、自宅待機中であることも明かしている。
 白衣を着て聴診器を持つ写真を投稿したミッツ。「独りで抱える一抹の不安ほど心細いものはないからね。吐き出せるものはどうぞここに吐き出していってください」とフォロワーに寄り添い、「今しばらくは落ち着いて、自分の生命力を信じて、自力で乗り切れる人は乗り切りましょう。そしてまた必ず再会しましょう」と呼びかけた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ