本文へ移動

池江璃花子『ツイッター5連続投稿』で五輪への思い吐露「やるなら全力、ないなら次に向けて頑張るだけ」

2021年5月7日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池江璃花子

池江璃花子

 白血病から復帰し、東京五輪競泳400メートルメドレーリレーなどの代表に内定している池江璃花子(20)が7日、自身のツイッターに5回続けて投稿。インスタグラムやツイッターに東京五輪辞退や反対の声を上げるよう求めるメッセージが届いていることに「決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています」などとつぶやいた。
 最初のツイートで「もちろん、私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました」と前置き。続いて「今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然のことだと思っています」と反対を求める声に理解を示した。
 ただ、「持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています。私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」「この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」と訴え、「わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います」と結んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ