本文へ移動

プロ注目の『ロークオーター』亜大・岡留、今季初勝利も猛反省「走者出してからボールが高くなって…」

2021年5月7日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白星を挙げた亜大の岡留英貴投手

白星を挙げた亜大の岡留英貴投手

◇7日 東都大学野球春季リーグ戦第6週第2日 東洋大5ー6亜大(神宮)
 今季初勝利も素直に喜べない。亜大のプロ注目右腕、岡留英貴投手(4年・沖縄尚学)は5回から登板し、8回までは1四球とほぼ完璧だったが、9回に4安打を浴びて3失点。あと1アウトで降板した。
 「ランナーを出してからボールが高くなって連打につながったのは反省です」
 サイド投手のようなテークバックからのスリークオーター。スカウトが「ロークオーター」と呼ぶフォームからの最速150キロが持ち味だ。今春の開幕戦で先発して5失点で黒星。その後は救援に回っていた。この日はスライダーの切れもよく、汚名返上のはずだった。生田勉監督(54)から「これが実力」と駄目出しされ「任せられたイニングは抑えて信用につなげたい」と誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ