本文へ移動

松本まりか「すごい殴りたくなる感情に…」初対面の松下洸平を”ガチ”でボコボコ 「向こうの果て」で連ドラ初主演

2021年5月7日 20時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)柿澤勇人、松本まりか、松下洸平、内田英治監督

(左から)柿澤勇人、松本まりか、松下洸平、内田英治監督

 女優の松本まりか(36)が7日、主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ「向こうの果て」(5月14日午後11時スタート)の生配信イベントに登場した。連続ドラマ初主演で「さまざまな顔を持つ女」を演じた。
 痴情のもつれから、マンションの一室で放火殺人が発生する。共演した松下洸平(34)は「(松本との)初めましてのシーンでガチでボコボコにされた。一気にスイッチが入りました」と振り返った。一方、松本は「ガチでした。初めましての時に、すごい殴りたくなる感情になった。慈愛に満ちた目で…。この人だけには見られたくないと思って」と苦笑した。
 ドラマの舞台は昭和60年で衣装も七変化。松本はバブル時代の髪形がお気に入りだと明かした。「松本は○○な女」―という問いに、内田英治監督は「あざとくない女」と挙げ、「すべて全力なんです。昭和っぽい、ひたすら頑張る」と語った。“あざとかわいい”と言われることに松本は「ピンとこない」と漏らした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ