本文へ移動

阪神・佐藤輝、右翼スタンド最上段へセトップタイの10号ソロ!! 33戦目での到達はドラフト制後新人史上最速

2021年5月7日 19時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表無死、佐藤輝が右越えに本塁打を放つ

4回表無死、佐藤輝が右越えに本塁打を放つ

◇7日 DeNA―阪神(横浜)
 阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(22)がまた横浜でどでかい一発を放った。1点リードの4回、ボールカウント2―2から横浜の先発・中川虎大の内角高め直球をスイングすると、右翼スタンド最上段へ10号ソロ。横浜で行われた4月9日の同カードで右中間へ場外弾を放ったが、それに負けず劣らずの大きな一発だ。
 10号を放った時点で、ヤクルト・山田哲人内野手(28)、村上宗隆内野手(21)と並んで本塁打リーグトップに立った。また、33試合で10号を放つのは、ドラフト制後の新人では、2003年の村田修一(横浜)を抜き史上最速。また、球団史上初の新人左打者による2桁本塁打と、記録ずくめの一発となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ