本文へ移動

【MLB】出たぁ~大谷翔平が松井秀喜超え最速10号到達…再びメジャートップタイに躍り出る

2021年5月7日 11時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打球を見守る大谷翔平(AP)

打球を見守る大谷翔平(AP)

◇6日(日本時間7日) エンゼルス―レイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平(26)が6日、2年ぶりの2ケタ本塁打となる今季10号2ランをマークした。
 1点を先制してなおも3回2死二塁でレイズの左腕フレミングが投じた初球のシンカーを右中間席にたたき込んだ。今季10号はブレーブスのアクナ、レッドソックスのJD・マルティネスに並んでメジャートップタイ。
 第1打席は空振り三振だった。この日は「2番・指名打者」で先発出場した。5日は投手として今季4度目の先発登板したが、勝ち負けはつかなかった。
 なお5月までの10号到達は日本人選手初。最速は2004年ヤンキースの松井秀喜の6月4日だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ