本文へ移動

クレーンにこいのぼり 南越前有志 「子ども楽しませたい」

2021年5月7日 05時00分 (5月7日 09時52分更新)
クレーンで揚げた巨大こいのぼり=南越前町鋳物師で

クレーンで揚げた巨大こいのぼり=南越前町鋳物師で


 こどもの日の五日、南越前町鋳物師の日野川沿いに、クレーンにつるされた巨大こいのぼりが登場した。風になびくカラフルな十八匹が並んで空を泳ぎ、見る人を楽しませた。
 新型コロナウイルス感染拡大で、県独自の緊急事態宣言が出る中、子どもたちを楽しませようと、町内の有志二人が企画した。こいのぼりは全長二十五メートルのジャンボサイズが一匹、同十メートルが十七匹。神戸市で開かれていた巨大こいのぼりを掲げる「スイミープロジェクト」で使用したものを借りた。同プロジェクトに参画した神戸市内の企業も協力した。
 この日は雨となったものの、南条大橋下流右岸で午前九時から午後四時まで高さ五十メートルのクレーンでこいのぼりを揚げた。担当者は、新型コロナの状況を踏まえ「子どもたちが我慢しないといけない状況がかわいそう。子どもたちへのささやかなプレゼントになれば」と話した。 (中場賢一)

関連キーワード

PR情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧