本文へ移動

【ヤクルト】新外国人右腕・サイスニードが巨人戦で来日初先発へ…伊藤投手コーチ「非常に楽しみ」

2021年5月6日 21時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)サイスニード、バンデンハーク、サンタナ、オスナ

(左から)サイスニード、バンデンハーク、サンタナ、オスナ

 ヤクルト・伊藤智仁投手コーチ(50)が6日、次カードの巨人戦(東京ドーム)に臨む先発投手陣に果敢な投球を求めた。巨人に3連敗中のチームは序盤の失点が痛手となっており、「慎重になりすぎ。いくところは大胆に攻めていくほうがいい」と指摘した。
 7日は4月28日の巨人戦(神宮)で4イニングを6失点KOされたスアレスが雪辱のマウンドへ。9日は5日から1軍に合流していた新外国人右腕・サイスニードが来日初登板初先発する見込みで、この日は東京・神宮外苑で間近に控えた新天地デビューに備えたブルペン投球などで汗を流した。
 その様子を見守った伊藤投手コーチは「力強いストレートを投げているし、変化球も多彩」と分析。「非常に楽しみなピッチャー」と期待した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ