本文へ移動

オフに10キロ増量で開眼!山本ダンテ武蔵いけるぞ3冠!「一番気にしているのは…」【東都大学野球】

2021年5月6日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回1死三塁、左前に同点打を放って今季13打点目を挙げた国学院大の山本ダ

1回1死三塁、左前に同点打を放って今季13打点目を挙げた国学院大の山本ダ

◇6日 東都大学野球第6週第1日 国学院大2―2立正大(神宮)
 国学院大は5連勝で7勝2敗とした。指名打者の山本ダンテ武蔵外野手(4年・大阪桐蔭)が2安打1打点でリーグ打率トップに躍り出て、本塁打、打点と合わせて打撃三部門で首位に立った。優勝争いは、8勝2敗の首位・中大と国学院大にしぼられた。
 国学院大の山本ダは、同点タイムリーを喜んだ。1回1死三塁で変化球を左前に引っ張った。打点を13に伸ばしてリーグトップをキープし「一番気にしているのは打点。チームが苦しいときに打点を挙げたい」と話した。
 オフに体重を10キロ増やして打撃に開眼したという。「今まで10の力で振っていたのが8ぐらいでできるようになって、低めの変化球の見極めや対応力につながっている」。6回の左前打で打率を3割9分4厘として試合がなかった中大の古賀を抜き、4本塁打と合わせて打撃3部門でトップ。次週の中大との優勝争いに向け、弾みを付けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ