本文へ移動

「シン・エヴァンゲリオン」が「シン・ゴジラ」超える 興行収入82億8000万円で庵野作品の最高記録に

2021年5月6日 16時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ポスター

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ポスター

 東映は6日、公開中のアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が82億8000万円を記録し、2016年公開の「シン・ゴジラ」(興収82億5000万円)を超え、庵野秀明総監督作品の最高記録を更新したと発表した。
 「エヴァンゲリオン」シリーズ最新作で完結編となる同作。3月8日に公開されると、初日からの59日間累計で興行収入82億8229万8700円、観客動員数は542万3475人となり、シリーズ最高記録を更新中だ。
 興収を順調に伸ばしていることから、庵野総監督も4月11日に東京都内で行われた大ヒット御礼舞台あいさつで「100億円を目指せるのは本当にありがたい」と大台到達に意欲を見せていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ