本文へ移動

【DeNA】「虎大」とタトゥー…虎に縁のある先発2人がトラ退治に挑む 7日から阪神戦

2021年5月6日 16時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7日の阪神戦に先発するDeNAの中川

7日の阪神戦に先発するDeNAの中川

 DeNAは6日、横浜スタジアムで先発投手陣が練習。7日からの阪神3連戦(横浜)に備え、先発する中川虎大(こお)投手(21)とフェルナンド・ロメロ投手(26)が“虎退治”に向けて意気込んだ。
 7日の予告先発が発表された中川は今季2度目の先発。名前の虎大は阪神ファンの父が命名。「こお」という読みは、母が大ファンだった工藤公康(現ソフトバンク監督)ことから名前の「公」にちなんでつけられた。「阪神はすごい打線。大山さんがいれば警戒したいけどいないようなので、佐藤(輝)さんに気をつけたい。打たせると打線が乗っていく」と警戒。データ収集が得意で打者の特徴を調べ、対策を練りに練っている。
 ロメロは、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、チーム合流が遅れ、このカードが来日初登板。動物好きで、母国ドミニカ共和国で犬を飼う右腕は見事な虎のタトゥー(入れ墨)を彫り込む。「せきも発熱もなかった。タイガース相手だが、自分が(強い)虎になる気持ちでいく。怖がってないよ」と自信満々だ。
 DeNAは3カード連続勝ち越し中。虎に縁がある2投手で好調の阪神を倒す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ