本文へ移動

【ボクシング】井上尚弥の次戦が正式決定 6・19ラスベガスでダスマリナスと防衛戦

2021年5月6日 11時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上―ダスマリナス戦を伝えるトップランク社公式インスタグラム

井上―ダスマリナス戦を伝えるトップランク社公式インスタグラム

 ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者、井上尚弥(28)=大橋=が6月19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=と防衛戦を行うことが決まった。海外でのプロモートを担当するトップランク社が5日に公式SNSで発表した。WBA5度目、IBF3度目の防衛戦となる。井上尚は20戦全勝(17KO)、ダスマリナスは30勝(20KO)2敗1分け。
 ダスマリナスは約60%のKO率を誇るサウスポー。2019年には井上尚の弟で元WBC同級暫定王者の拓真のスパーリングパートナーとして来日し、大橋ジムに通っていた時期がある。井上尚は「そこまで記憶はないです」と話していたが、大橋ジムとしては多くのデータがある相手だ。
 また、18年10月に対戦して初回KO勝ちした元WBA同級王者パヤノ(ドミニカ共和国)以来のサウスポーとの対戦となるが、年明けの実戦練習再開から常にサウスポー対策を磨き続けており、準備は整っている。
 試合は米スポーツ専門局ESPNを通じて全米で生中継される。全米約9000万世帯が視聴するESPN本体で井上尚の試合が生中継されるのは初めて。すでに世界のボクシングファンから高い人気がある“モンスター”だが、今回は米国の一般スポーツファンからの知名度を上げる大きなチャンスでもある。
 会場はヴァージンホテルズラスベガスで、有観客開催を目指している。同ホテルは20年までハードロックホテルとして営業していたが、改装して今年3月に名称を変えて再オープンした。トップランク社は6月にこの会場で3興行を予定しており、同社の新たな拠点の1つになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ