本文へ移動

屈辱…マリナーズ打線ふるわずノーヒットノーラン 菊池雄星が粘投も2敗目 

2021年5月6日 10時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリオールズ戦で6回を投げ終わり、ベンチへ戻るマリナーズ・菊池雄星(AP)

オリオールズ戦で6回を投げ終わり、ベンチへ戻るマリナーズ・菊池雄星(AP)

◇5日(日本時間6日) MLB マリナーズ0―6オリオールズ(シアトル)
 マリナーズの菊池雄星投手(29)が5日、本拠地でのオリオールズ戦に先発し、7イニングを3失点で今季2敗目を喫した。
 2回に先頭打者に左前打を浴びると、2死二塁となってから遊撃への内野安打の間に二走が生還して先制を許す。さらに続く打者に左翼への適時打を浴びて2点目を失った。
 3回と4回は三者凡退に抑え、5回には先頭を安打で塁に出すも後続を三者連続三振で切り抜けた。7回に7番・バライカにソロを許し、この回限りでマウンドを降りた。
 7イニングを投げて5安打、3失点、7奪三振と粘りの投球をみせるも今季2敗目。打線はオリオールズの先発左腕・ミーンズの前に出した走者は振り逃げでの1人のみと、ノーヒットノーランを許した。
 菊池の今季の通算成績は1勝2敗、防御率4・30となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ