本文へ移動

5月5日 中川翔子36歳の誕生日「ポケモンなら最終進化」チャンネル登録55.5万人突破喜ぶ

2021年5月5日 18時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛猫のピンクちゃんを抱き、色とりどりのバラに囲まれながらポーズを決める中川翔子

愛猫のピンクちゃんを抱き、色とりどりのバラに囲まれながらポーズを決める中川翔子

 タレントの中川翔子が36歳の誕生日を迎えた5日、自身のユーチューブチャンネルでバースデー記念の生配信を行った。東京・豊洲PITで開催予定だったバースデーライブが新型コロナ感染拡大で中止となったため、自宅から1万人以上のファンとオンラインで触れ合った。
 自らおでこにマジックで「36」と書いた中川は「レベル36(36歳)といえば、ドラクエでいえばバギクロスとかイオナズンとか最上級の呪文を覚えるころ。ポケモンだとカメックスとかリザードンとか最終進化する。いよいよこれからが、ますます面白い。どっしり構えて生きていきます」と抱負を語った。
 そして「あと数百人で(ユーチューブの)チャンネル登録者が55・5万人になるので、5月5日の誕生日に5並びを配信中に達成したい」と宣言すると、開始からわずか25分後に達成し大喜び。お礼として自身の代表曲「空色デイズ」など数曲をアカペラで披露した。さらに「5」つながりで最近ハマっているソーシャルゲーム「ウマ娘プリティーダービー」に自腹で5万5000円課金し、ガチャを引く模様をリアルタイムで実況した。 
 この日、中川の自宅は片岡鶴太郎、斉藤和義、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、格闘家の朝倉海ら著名人をはじめ、一般の友人らから贈られたバラの花約5000本で埋め尽くされた。母・桂子さんのサプライズだった。2年連続でバースデーライブができず、落ち込む娘を励ますために計画したという。中川は「なんかお葬式みたい」と照れながらも「大好きなバラの季節に生まれて幸せ!」と満面の笑み。後半は人気ゲーム「モンスターハンターライズ」を初プレーする映像を届けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ