本文へ移動

古川奈穂騎手は11日に骨移植の手術、退院後は関西圏でリハビリへ 矢作師は復帰まで5~6カ月を見込む

2021年5月5日 14時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
古川奈穂

古川奈穂

  • 古川奈穂
  • 2021年3月13日、初勝利を挙げて矢作芳人調教師(右)と握手をする古川奈穂騎手=阪神競馬場で
 左肩の違和感で休養中の古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作=について5日、師匠の矢作芳人調教師が今後の治療予定について説明した。
 10日に東京都内で入院して11日に手術、13日に退院で、10日間ほど都内にとどまって経過観察した後、関西圏に帰って厩舎の仕事を手伝いつつ、リハビリに専念するという。手術は骨移植によって肩関節の接続を強化するものという。
 「体力的にもまだ足りないし、体重にも余裕があるので筋力をつけさせる。プラスアルファで戻さないと意味がないと思っている。(復帰までは)5~6カ月かな」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ