本文へ移動

全54中学校区会場に 東三河で花火一斉打ち上げ

2021年5月5日 05時00分 (5月5日 12時01分更新)
豊橋市内各地で打ち上げられた花火=豊橋市の石巻山から

豊橋市内各地で打ち上げられた花火=豊橋市の石巻山から

 新型コロナウイルスの収束を願って一斉に花火を打ち上げるイベント「東三河エールプロジェクト 花火ワクチン大作戦」が3日夜、東三河8市町村の全54中学校区であった。
 新型コロナの影響で祭礼や花火大会が相次いで中止になる中、花火文化を守り、地域を元気づけようと、豊橋市発祥の手筒花火を上げてきた市民有志らでつくる実行委員会が主催した。午後7時半に、中学校の校庭などから50発ずつ計2700発を打ち上げた。
 田原市の旧泉中学校では、色とりどりの花火が打ち上げられた。近くの歩道から見ていた地域住民からは「きれい」「今年も花火を見られてよかった」と声が上がった。
 実行委員長で東田煙火会代表の原田吉宏さん(41)=豊橋市南牛川=は「地域の皆さんの理解があって実施できた。少しでも皆さんの心に響いてくれればうれしい」と話した。 (鈴木弘人)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧