本文へ移動

県内全54自治体を走破 東郷高OBら4人、自転車で

2021年5月5日 05時00分 (5月5日 11時55分更新)
メッセージ入りのTシャツを手に目標達成を喜ぶ(左から)村井さん、竹田さん、秋田さん、横井さん=東郷町のイーストプラザいこまい館で

メッセージ入りのTシャツを手に目標達成を喜ぶ(左から)村井さん、竹田さん、秋田さん、横井さん=東郷町のイーストプラザいこまい館で

 自転車で県内全54自治体走破に挑戦していた東郷町諸輪の中京大1年村井孝輔さん(18)ら4人が4日、目標を達成し、同町のイーストプラザいこまい館にゴールした。ゴールテープを切った村井さんは、各市町村で住民からメッセージを書き込んでもらったTシャツを掲げ、「いろいろな人に支えられてゴールできた。これは宝物です」と笑顔で語った。 (平木友見子)
 一緒に走破したのは、いずれも東郷高校の三年横井賢人さん(17)=日進市、二年の竹田幸平さん(16)=みよし市=と秋田悠気さん(16)=名古屋市緑区。
 「コロナ禍でみんなを元気づけることはできないか」と考えた同校吹奏楽部OBの村井さんは、部の後輩を誘い、「全自治体からメッセージをもらうことで県内を一つにしたい」と昨年十二月二十九日に挑戦を開始。横井さんは「ただの高校生が挑戦することで、県内が盛り上がればいいなと思った」と話す。
 国の緊急事態宣言発令や部の定期演奏会などもあり、走れる日は少なかったが、週末や部活休みなどを利用し、延べ七日間かけて、一泊二日となった最終回の走行以外は東郷町を発着点に日帰りで県内を回った。竹田さんは「雪の日や山道、夜の暗闇な...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報