本文へ移動

<イレブン> 痛感の天王山 再び守りに乱れ「地力の差」

2021年5月5日 05時00分 (5月5日 05時01分更新)
川崎−名古屋 前半、川崎・ジェジエウ(中)に先制ゴールを許した名古屋・丸山(3)

川崎−名古屋 前半、川崎・ジェジエウ(中)に先制ゴールを許した名古屋・丸山(3)

 名古屋の堅守は再び乱れた。首位を相手に3点も先行されれば、ひっくり返すのは難しい。今季の行方を占う天王山で川崎に2連敗。反撃のゴールも及ばず、稲垣は「修正するところはして戦った。けど、地力の差で負けた」と完敗を認めた。
 前半の内容は悪くなかった。中盤を2人から3人に増やす形を試合当初から取り入れ、前から強く圧力をかけた。開始3分で失点した前回と異なり、球際で競り合う力強さもあった。中谷が「相手も嫌がっていた」と言うように、決定的な場面はつくらせていなかった。
 ただ、失点の伏線はあった。展開の速い川崎の攻撃をファウルで止めたり自陣深くでクリアしたりしてしのぎ、セットプレーの数が増えた。痛い先制点のきっかけは前半5回目のCK。昨季の対戦で2得点されたジェジエウをフリーにし、完璧に合わされた。
 後半5分には三笘に自陣右サイドを崩され、素早いクロスから失点。さらに丸山のバックパスが名古屋ゴールに転がる痛恨のミスで3点目を失った。途中出場の森下が稲垣の今季5点目をアシストするなど劣勢でも気迫は見せたが、3点差は重すぎた。「どれだけ気持ちが充実し、考えながら戦っても、ミスをすれば負ける」。指揮を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報