本文へ移動

米、近づくコロナ前の日常 航空機利用増、地下鉄再開へ

2021年5月5日 05時00分 (5月5日 05時01分更新)
3日、米ニューヨーク市のバーでビールを楽しむ人たち=ロイター・共同

3日、米ニューヨーク市のバーでビールを楽しむ人たち=ロイター・共同

 【ワシントン=吉田通夫】全米各地ではワクチン接種の普及に伴い、新型コロナウイルスの感染防止で大幅に制限されてきた日常生活が戻りつつある。ただ、経済活動の再開前倒しなどが発表される一方で、接種しない層も根強く残る中での規制緩和に、感染再拡大への懸念もくすぶる。
 ニューヨーク州のクオモ知事は三日、地下鉄の二十四時間運行を十七日から再開し、十九日には飲食店などの収容人数の規制を原則撤廃すると発表。デブラシオ市長が掲げた七月一日の経済活動再開という目標を事実上、前倒しした。
 首都ワシントンは四月二十七日から博物館など屋内施設の収容者数の上限を緩和。屋内会食の人数も従来の最大六人から十人に引き上げた。西部ネバダ州ラスベガスのカジノは五月一日から入場者数を収容上限の80%へと30ポイント増やした。
 また米国の航空便利用者数は、新型コロナウイルスの影響が本格化した昨年三月中旬以降で最大になったことが三日、分かった。
 米運輸保安庁(TSA)のまとめでは、米国内の空港の保安検査所を通過した人は直近の二日時点で百六十二万七千人。百六十万人を超えたのは、世界保健機関(WHO)がコロナのパンデミック(世界的...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報