本文へ移動

【中日】「雄大らしくない!」大野雄2連勝も今季ワースト2被弾4失点 取材に「ちょっと今日は…」

2021年5月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAに勝ち、大野雄(右)に迎えられる根尾

◇4日 中日8―4DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 連勝で2勝目という結果だけで喜べるレベルじゃない。誰よりも分かっているからこそ、中日・大野雄大は試合後の取材対応を球団に「ちょっと今日は…」と言い残して断った。7イニングを今季ワースト2被弾の4失点。切り替えるように、次のマウンドへ視線を向けた。
 「2週間後にまた対戦があると思うので、しっかり反省して次は抑えます」
 初回に4点をプレゼントしてもらいながら、楽勝ムードを吹き飛ばしかけてしまった。2回1死一、二塁から、ソトに浮いたフォークを左翼席にたたき込まれる。3回の根尾のグランドスラムがなければ…と、冷や汗ものの失投だった。さらに6回先頭の佐野にも右越えのソロ弾を浴びた。狙われたのは肩口から入ってくるスライダーだった。
 与田監督も「今日はね、雄大らしくない!彼の良さは出なかった」と第一声で語気を強め、7回までマウンドを守った粘りを評価しつつも、変化球を痛打された配球を課題に挙げた。
 「今年、他球団も狙いを定めてきているので、その日のゲームによって変わりますけど、雄大の能力では、察知する力もあるだろうし、防げたホームランもあるんじゃないかなと思いますけど」と、2被弾に辛口採点だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ