本文へ移動

愛知・田原の海岸に遺体 全身に殴られたような傷

2021年5月4日 23時26分 (5月4日 23時26分更新)
 愛知県田原市江比間町の海岸で3日に男性の遺体が見つかり、県警は4日、遺体の身元を同県豊橋市南栄町の職業不詳、小室英夫さん(70)と発表した。顔など全身に多数の殴られたような傷があったことなどから、殺人事件と断定し、豊橋署に同日、捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、司法解剖した結果、死因は水を飲んだことによる窒息の可能性が大きく、4月29日~5月2日の前後に亡くなったとみられる。
 小室さんの遺体は、散歩中の女性が3日午後0時25分ごろに発見。黄色の服と青色のズボン姿で赤い靴下をはき、あおむけに倒れていた。所持品はなく、靴は履いていなかった。
 捜査本部や近隣住民によると、小室さんは1人暮らし。小室さんの親族が3日、豊橋署に行方不明者届を提出し、県警が行方を捜していた。

関連キーワード

PR情報