本文へ移動

放課後児童ら集える場 小松 くるみの森 今日オープン

2021年5月5日 05時00分 (5月6日 10時11分更新)
畳の床や縁側もあり心落ちつくスペース=小松市荒屋町のくるみの森で

畳の床や縁側もあり心落ちつくスペース=小松市荒屋町のくるみの森で

  • 畳の床や縁側もあり心落ちつくスペース=小松市荒屋町のくるみの森で
  • 6日のオープンに向け備品の設置などの準備が進む施設=小松市荒屋町のくるみの森で
 小松市八幡の「とまり木cafeフリースクール」の運営会社が、六日から同市荒屋町で「児童発達支援・放課後等デイサービス くるみの森」を始める。管理者の山田香織さん(42)は「家に帰ってきたような温かさがあり、皆から愛されるすてきな居場所にしたい」と意気込んでいる。
 山田さんは長男の不登校をきっかけに、子どもたちの居場所をつくろうと昨年四月、南加賀初のフリースクールを立ち上げた。スクールに通う子に関わる場所の選択肢を増やし、学童保育の待機問題にも寄与しようと、放課後に利用できるデイサービス設置を決めた。
 新たな施設は木造二階建ての一軒家。一階には、遊び場に使う部屋や縁側のある学習スペースがある。二階には、畳敷きで落ち着いた雰囲気の個別支援用の部屋や事務所を設けた。台所がありお菓子作りなどの催しを楽しめるほか、近くの公園で体を動かすこともできる。
 四月三十日〜五月二日に見学会があり、親子ら二十人が訪れた。「安心できる雰囲気」「次も来たい」など好評だったという。
 対象は小松市の小学一年生から十八歳まで。能美市は応相談。受け入れは平日の下校後から午後五時まで。長期休暇中は午前八時〜午後五時。一度に十人まで。育児の相談も受け付けている。(問)運営会社くれよん090(8098)8031 (坂麻有)

関連キーワード

PR情報