本文へ移動

【長野】「N501Y」変異株、4月以降34人で確認

2021年5月5日 05時00分 (5月5日 05時00分更新)
 県内では四日、新たに十代から九十代までの男女十九人の新型コロナウイルス感染が確認された。累計感染者数は三千九百五十九人(うち死者七十人)になった。
 新規感染者の内訳は塩尻市で五人、長野市と小諸市で各四人、諏訪市、茅野市、須坂市、下諏訪町、飯綱町、山ノ内町で各一人。現時点で十二人の感染経路が不明。重症者はいない。
 県は、四月以降に感染が分かった十代〜八十歳以上の男女三十四人について、感染力が強いとされる「N501Y」変異株の感染を確認したと発表。圏域別の内訳では佐久が十六人で最多。諏訪が九人、松本が四人、北アルプスが三人、木曽と上田が各一人だった。
 一日あたりの発表数では、四月二十二日の三十九人、同二十七日の三十五人に次ぎ過去三番目の多さ。県内の変異株感染者数の累計は二百六十二人に増えた。 
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

新型コロナの新着

記事一覧