本文へ移動

【川崎】「食い付くのを待った…狙い通り」三笘が名古屋DF陣を翻弄 絶好の左クロスで山根弾をお膳立て

2021年5月4日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・成瀬と競り合う川崎・三笘(右)

名古屋・成瀬と競り合う川崎・三笘(右)

◇4日 J1第12節 川崎3―2名古屋(等々力陸上競技場)
 川崎FW三笘薫(23)が圧巻のアシストをマークした。1ー0の後半5分。敵陣左サイドでパスを受けると半身に構え、成瀬が食い付くのをあえて待った。「足を出してきた時にターンして、スピードを上げれば勝てる。狙い通り」。成瀬がボールを奪おうとした瞬間、反転して縦へ突破。絶好の左クロスで山根弾をお膳立てした。三笘は「勝ったことが一番大切」としながらも、「もっと攻撃で違いを出さないといけない。まだまだ」と笑顔はなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ