本文へ移動

【FC東京】リーグ戦4連敗…長谷川監督がチーム再構築を検討 「負けて見直す機会をもらったと思っている」

2021年5月4日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルヴァン杯神戸戦を再起への第一歩と位置付けた長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

ルヴァン杯神戸戦を再起への第一歩と位置付けた長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京の長谷川健太監督(55)が4日、ルヴァン・カップ1次リーグ第5節の神戸戦(5日・ノエスタ)に向けたオンライン取材で、チームの再起を誓った。
 既にルヴァン杯は決勝トーナメント進出を決めているが、リーグ戦は4連敗中と苦しい戦いが続く。長谷川監督は、この神戸戦で「リーグ戦を意識した形になる」と言い、システムやメンバー選考の見直しを図る。
 「リセットせざるを得ない状況にきている。ワイドや、サイドバックで期待した選手が離脱し、カチッとした試合もできていない。また、一から構築していきたい」
 一方で、全体ミーティングを開き、「だんだんチームとしてのグループ戦術が薄れている。そういう約束事と、中盤の動き方の確認も、チーム全体でした」と口にする。
 けが人続出で、逆風が吹く中でのリスタート。だが、百戦錬磨の勝負師は「負けて見直す機会をもらったと思っている。この敗戦をこれからにつなげていかないといけない」と力を込める。健太トーキョーが、チーム一丸となって難局に挑む。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ